自分に合った看護師求人を選ぶポイント

img-1

看護師には多くの分野があり、求人も多岐にわたっています。



急性期、慢性期、回復期、終末期など機能によって大きく分けられ、その中でも疾患などによりさらに分けられます。



病院によって科目分野の分け方や取り扱う疾患など特徴が違ってきますので、職場を選ぶ際には自分が興味のある分野で働くことができるか知る必要があります。



転職の場合にも大学病院や総合病院では当たり前にあった専門分野が、転職先にはないということも十分にあり得ます。



自分の希望する分野があったとしても、そこに配属してもらえるかどうかはわからないため配属の可能性についても相談し確認する必要があります。



また病院によって忙しさにも違いがあります。



病床数や入院件数、手術件数、スタッフの人数、残業の有無など求人票にのっている一般的な情報を知ることはもちろん、実際に足を運んでその病院の雰囲気、スタッフの表情、看護師同士のやりとり、患者さんとのやりとりなどを見ても参考になるでしょう。



どの程度残業があるのか、スタッフの人間関係は良好かなど詳しい情報が知りたい場合には看護師求人サイトを利用して、コンサルタントの方に細かい情報を確認することもできます。どの分野に興味があり深めていきたいのか、自分にはどのような看護が向いているのか、どのようなスタッフと共に働きたいのかなど、できるだけ自分の希望にあった病院をみつけることが今後長い目で看護師として働けることにつながるためそれぞれの病院の特徴を捉えることが重要です。



関連リンク

img-2
募集が増えてきている看護師の夜勤

医療機関にとって看護師は主軸となる戦力であり、常に複数人配置する必要があります。それは夜間も同様であり、1人当たり72時間までと言う規制はついているものの必ず1人は配置する必要があると言うことで、多くの医療機関が夜勤もできる看護師を募集しています。...

more
img-2
看護師の夜勤を募集している職場

看護師は医療機関を中心として勤務しており、医療機関以外にも一般企業や介護・福祉施設、保育施設など幅広い職場で活躍しています。その勤務形態はシフトを利用した変則勤務となっており、職場によっては日勤固定となっているところもありますし、夜勤が入るところもあります。...

more
top