看護師の夜勤の72時間ルールについて

img-1

医療機関を中心として活躍することが多い看護師の勤務はシフト制度となっているところが多く、早出・日勤・遅出・夜勤のスタイルを基本として変則的な勤務スタイルとなっています。



そのため1ヶ月で色々な勤務が入り混じることになるのですが、その中で特殊なルールを設けられているのが夜勤であり、1人当たり1ヶ月で72時間しか夜の勤務に入ることができないというルールがあります。



これは法律で定められていると言うわけではなく、診療報酬の関係で決められているルールとなっています。



どういうことなのかというと、看護師の配置は病院の規模によってある程度決められており、それを満たすことによって診療報酬を得ることができます。
看護師の配置は日勤帯と夜勤帯それぞれに設定されているのですが、その中の条件のひとつとして設定されているのがいわゆる72時間ルールと言うものです。



これを破ってしまうと診療報酬が減額となってしまうため、医療機関としても利益を得るためにはこのルールを守らなくてはいけないと言うことになります。



そのため、看護師は正社員・パートに関係なく夜勤に関してはこの72時間ルールに則って夜の勤務に入ることになっており、これによって体の負担をある程度軽減することができます。



ただしICUや救急病棟などは例外となっているため、72時間以上夜勤をしている看護師も少なくありません。



また、専従で夜の勤務に入っている場合も例外となっています。



関連リンク

img-2
看護師の夜勤を募集している職場

看護師は医療機関を中心として勤務しており、医療機関以外にも一般企業や介護・福祉施設、保育施設など幅広い職場で活躍しています。その勤務形態はシフトを利用した変則勤務となっており、職場によっては日勤固定となっているところもありますし、夜勤が入るところもあります。...

more
img-2
夜勤として働く看護師のメリット

医療機関や介護施設、福祉施設、一般企業などあらゆる場所で活躍している職種のひとつとして人気を集めているのが看護師であり、近年では幅広い活躍の場が設けられていることから多種多様な働き方をすることができるようになっています。そんな看護師の勤務形態のひとつにあるのが夜勤であり、日勤帯のシフトと違って肉体的および精神的な負担がかかると言うことで、非常にハードなイメージを持っている人も少なくないです。...

more
top