募集が増えてきている看護師の夜勤

img-1

医療機関にとって看護師は主軸となる戦力であり、常に複数人配置する必要があります。それは夜間も同様であり、1人当たり72時間までと言う規制はついているものの必ず1人は配置する必要があると言うことで、多くの医療機関が夜勤もできる看護師を募集しています。
それが最近募集内容が増えてきていると言う傾向が見られており、特に夜勤専従など72時間の規制が適応されない人材を募集するところが多くなってきています。


何故夜勤ができる看護師が募集されているのかと言うところですが、まず基本的に全国的に看護師が不足していると言う状況があります。

これは日勤帯でも同様であり、その中でも特に夜勤に入ることができる看護師が少なくなっていると言う問題があることから、できる限り人材を補充したいと考えているようです。


また、夜の勤務は医療機関の規模によっては2人ないし3人配置する必要があり、多くの人材が必要となっていると言うのが現状なのです。

夜の勤務は体の負担が大きく女性にとっては厳しい勤務であると言うイメージがありますが、その救済措置として専従としての募集が増えてきていると言うわけです。

このような理由から多くの医療機関で夜勤ができる人材が募集されており、給料面などの待遇が改善されてきています。

職業専用の求人サイトなどでも募集されることが増えてきていることから、深刻な人材不足の現場をうかがうことができるだけではなく、より環境の改善が必要であるといわれています。

















関連リンク

img-2
看護師の夜勤の72時間ルールについて

医療機関を中心として活躍することが多い看護師の勤務はシフト制度となっているところが多く、早出・日勤・遅出・夜勤のスタイルを基本として変則的な勤務スタイルとなっています。そのため1ヶ月で色々な勤務が入り混じることになるのですが、その中で特殊なルールを設けられているのが夜勤であり、1人当たり1ヶ月で72時間しか夜の勤務に入ることができないというルールがあります。...

more
img-2
看護師さんの夜勤状況とは

看護師さんの夜勤状況は、とても大変だといわれています。まず、夜勤となると、昼夜逆転の生活になってしまうため、働く人の健康状態も普段とは異なり、体のタイミングなどが狂ってしまいます。...

more
top