看護師の夜勤専従のメリットについて

img-1

夜勤専従とは名前の通り、夜勤のみの勤務を担当しているスタッフのことをさしており、日中別の仕事を持っている人や資格取得のために学校で勉強している学生などが担当することが多いです。



そしてこの夜勤専従は看護師でも利用することができるようになっており、医療機関を中心に介護施設などでも利用することが可能な勤務形態となっています。



看護師にとって夜勤は負担が大きいと考える人も少なくないのですが、実はこの勤務形態は看護師にとっては非常にメリットが多いとして人気を集めています。



どういうことなのかというと、まず夜の勤務には必ず手当がついています。



これは勤務する会社によって金額設定が異なっていますが基本的にはどこの会社でもつけているものであり、それを普通の勤務よりも多くもらえると言うことで結果的に給料が多くもらえると言うわけです。

しかも専従の場合は通常の医療機関に設定されている72時間以上夜勤に入ってはいけないというルールが適応されないため、72時間以上勤務をすることが可能となっています。



その分より手当てを受けることができます。



また、専従なのでほかのシフトに入ることがないので慣れてしまえば生活リズムが安定するので通常の夜の勤務よりも体の負担が少なく、高齢でも働きやすくなっています。



特にパートで募集しているところも多いので高齢でも続けやすい勤務というところが大きなメリットとなっているので、最近募集しているところが増えてきている傾向があります。



関連リンク

img-2
看護師の夜勤の72時間ルールについて

医療機関を中心として活躍することが多い看護師の勤務はシフト制度となっているところが多く、早出・日勤・遅出・夜勤のスタイルを基本として変則的な勤務スタイルとなっています。そのため1ヶ月で色々な勤務が入り混じることになるのですが、その中で特殊なルールを設けられているのが夜勤であり、1人当たり1ヶ月で72時間しか夜の勤務に入ることができないというルールがあります。...

more
img-2
クレジットカード決済と高速バス

公共交通機関の一つである高速バスは、移動する区間に対応する運賃を支払う必要性が出てきます。支払い方法としては、現金で払う方法やコンビニ支払いそしてクレジットカード決済が存在しています。...

more
top