単発の看護師として働く意味

img-1

看護師の働き方として単発のバイトとして働く選択肢があります。



単発の看護師のメリットは色々ですが、特にメリットとして大きいのが自由なライフスタイルを築けることです。

常勤で働く場合ですと自由な時間が少なくなりますし、時には夜勤もしなければいけませんので不規則な生活時間になります。



その点、バイトの場合ですと働きたい時に働くことができますのでプライベートを重視したライフスタイルを送ることも可能なのです。

時給が高いことがある為、効率的な稼ぎ方ができるのも単発の看護師のメリットと言えるでしょう。



安定して稼ぐのなら常勤の方が良いのですが、しかしながら常勤の場合ですと時給に換算するとそれほど高くないことも少なくありません。



単発なら高時給で雇われることもある為、1時間当たりの稼ぎとしては常勤よりも良くなることもあるのです。
色々な職場を経験することができますので視野を広げることができるのもメリットの一つです。

総合病院をはじめ、個人のクリニックや訪問看護など、色々な職場を選ぶことができます。



ですから自分に合っている職場探しの為にも役立ちますし、色々な場所で経験を積みたいという時にも適した働き方と言えます。

単発の看護師ならすぐに辞められるので精神的な負担が少ないというのも魅力と言えるでしょう。



数日から数ヶ月の期間だけ働きますので、もし合わない職場でも無理に働き続けなければいけないということはありません。



その為、人間関係などによるストレスを感じ難くなります。



関連リンク

img-2
看護師の夜勤を募集している職場

看護師は医療機関を中心として勤務しており、医療機関以外にも一般企業や介護・福祉施設、保育施設など幅広い職場で活躍しています。その勤務形態はシフトを利用した変則勤務となっており、職場によっては日勤固定となっているところもありますし、夜勤が入るところもあります。...

more
img-2
看護師の夜勤の72時間ルールについて

医療機関を中心として活躍することが多い看護師の勤務はシフト制度となっているところが多く、早出・日勤・遅出・夜勤のスタイルを基本として変則的な勤務スタイルとなっています。そのため1ヶ月で色々な勤務が入り混じることになるのですが、その中で特殊なルールを設けられているのが夜勤であり、1人当たり1ヶ月で72時間しか夜の勤務に入ることができないというルールがあります。...

more
top