行政書士の基本的知識

img-1

行政機関に出す許認可のための申請書類等そして契約書や遺言書等の作成などが、メインの仕事になります。



かつては行政代書人というライセンスだったことから行政書士のことを代書屋と呼称する人もいると思われます。



しかしながら、最近の司法改革などによって、法律に関係するシンプルなトラブルは弁護士でなく行政書士へというトレンドから、これからは行政書士は一層法律専門家というカラーが強化されていくと考えられます。弁護士は高次元の法律問題を手がける感じです。



行政手続きと関連する必要となる関係書類の生成はとても手間が掛かります。



結局のところ広範な知識のない方がご自身で必要な関係書類を作り込むのにかかる繁雑さを報酬を頂いて代役で実施するのです。



作ることができる書類は、おおむね1万種類といわれており、会社設立あるいは許可申請といった必要となる関係書類作成のエキスパートになります。


行政書士として仕事そのものをとり行うためには、行政書士の国家資格を確保することが不可欠です。



資格の取得には、試験にパスする結果を出す方法以外にも、弁護士又は弁理士など別の法律専門職のライセンスを手にする、さらに公務員の行政事務に20年以上従事していることがあります。



しかし、別の法律専門職の資格は、とてもハードルが高く、さらに行政事務経験も20年以上と長期にわたるため、国家試験にパスする結果を出す方法が一番正攻法といえると考えられます。



関連リンク

img-2
看護師の夜勤の72時間ルールについて

医療機関を中心として活躍することが多い看護師の勤務はシフト制度となっているところが多く、早出・日勤・遅出・夜勤のスタイルを基本として変則的な勤務スタイルとなっています。そのため1ヶ月で色々な勤務が入り混じることになるのですが、その中で特殊なルールを設けられているのが夜勤であり、1人当たり1ヶ月で72時間しか夜の勤務に入ることができないというルールがあります。...

more
img-2
募集が増えてきている看護師の夜勤

医療機関にとって看護師は主軸となる戦力であり、常に複数人配置する必要があります。それは夜間も同様であり、1人当たり72時間までと言う規制はついているものの必ず1人は配置する必要があると言うことで、多くの医療機関が夜勤もできる看護師を募集しています。...

more
top